湊かなえ 書き下ろし小説『城崎へかえる』
60190b7b3186253d9299acca 60190b7b3186253d9299acca 60190b7b3186253d9299acca 60190b7b3186253d9299acca 60190b7b3186253d9299acca

湊かなえ 書き下ろし小説『城崎へかえる』

¥1,200 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

2016年山本周五郎賞受賞の作家、湊かなえの書きおろし。 城崎へ行くのではなく、城崎へ“帰る”という女性が、ひとり喪失感を抱えて城崎を訪れる。その喪失感を埋めてくれたのは、かつて城崎を訪れた母との思い出と温泉、そして蟹でした。 本物の蟹の殻を思わせる特殊テクスチャー印刷。 殻から身を抜くように箱から取り出し、じっくり味わってみてください。 広島の因島出身、淡路島在住の湊かなえにとって、城崎は家族で訪れる安らぎの場所。書きおろしの新作となる本作は、著者が何度も滞在した城崎での記憶を背景に描かれた、小説家の母を持つ娘の物語。付き合っていた男と別れ、5年務めた会社を辞めた主人公は、10年ぶりに城崎温泉を訪れた。こころにポッカリと空いた「何か」を埋めるために。思い出の地で彼女は何を見つめ、何に気づいたのか。温泉と蟹が記憶のトリガーとなり、喪失したこころをやすらげる、あたたかな短編です。