『城の崎にて』『注釈・城の崎にて』箱入り二冊組
6018f877aaf043291c06ea66 6018f877aaf043291c06ea66 6018f877aaf043291c06ea66 6018f877aaf043291c06ea66 6018f877aaf043291c06ea66

『城の崎にて』『注釈・城の崎にて』箱入り二冊組

¥1,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

『城の崎にて』が、詳細な注釈付きで二冊組みでよみがえりました。2013年の発売より、版を重ねて好評販売中。増刷ごとに変わる箱の色はお楽しみ。 “小説の神様” と呼ばれる作家志賀直哉が、1907 年、城崎逗留の記憶を記した短編「城の崎にて」。1903 年、東京で山手線にはねられ怪我をした志賀直哉が、治療のため訪れた城崎で小さな生きものの命に見た自然感を記した物語です。 文庫にしてわずか十数ページの小説に、網羅的な解説を試みた超 “解説編” を合わせた二冊組。直接体験してもまだ知らない城崎が、この本にあるかもしれません。